脱毛こらむ

電気シェーバーでのムダ毛処理について


ムダ毛の自己処理方法として、カミソリの次に多いのが電気シェーバーです。電気シェーバーはカミソリより肌への負担は少ないです。ただ、お値段はカミソリに比べるとかなり高価です。


電気シェーバーもたくさんの種類が販売されていて、中にはちょっと高めのカミソリと同じくらいの価格で売られているものもありますが、これはおススメできません。悪くするとカミソリより肌に負担がかかってしまうかもしれません。できれば有名メーカーの商品を選ぶようにしたいですね。


電気シェーバーには電池式と充電式のものがあります。電池式のほうが種類豊富で値段も充電式より安めの物が多いようです。ただ、電池式は電池が減ってくるとパワーが落ちてくるなどのデメリットがあります。パワーが落ちたまま使うと同じ部位を何度も剃ることになり、肌を傷めてしまう可能性がありますから、電池交換が面倒という方は充電式がおススメです。また、旅行などにもって行きたいなら電池式がいいです。



「ブラウン シルクエピル レディーシェーバー(LS5140R)」


ホルモンバランスもしっかりしてきて、毛が結構しっかり生えてきた子どもには、ブラウンのレディースシェーバーが良いでしょう。身体の凸凹にあわせてヘッドが動くので、皮膚を削ってしまうこともなく安全です。



ブラウンのレディースシェーバーのシリーズには、ビキニライン処理用のアタッチメントがついていますが、これは長い毛をトリミングするためのもの。こどものムダ毛処理にはあまり必要ではないです。普通のヘッドの方がきれいに処理できます。


また、スピードシェービングキャップというアタッチメントを使えば、脚や腕などの広い面積の毛を処理することができます。お風呂でも使えるのも便利です。
ヘッドは水洗いできますから清潔に保てます。


アマゾンのお取り寄せ価格は1,900円です。


「パナソニック フェリエ(ES2105PP)」


フェリエは、顔の産毛処理用として発売されているレディースシェーバーです。電池式のカミソリタイプで、価格は6,000円くらい。刃が0.1ミリと非常に薄く、敏感肌の方でも負担がかからないと人気のシェーバーです。


産毛用と眉用二種類の刃が用意されています。子どものムダ毛を処理する時は産毛用の方を使用することをおすすめします。小中学生の生え始めの体毛なら充分対応します。子どもの皮膚は大人の1/2の薄さといいますから、極力肌に負担がかからないムダ毛処理をするために、まずはこのシェーバーで試してみるというのもいいかもしれません。



産毛用と眉用の刃は消耗品です。このシェーバーは軽くて持ち運びに便利ですから、一つは持っていたいですね。


「パナソニック サラシエ(ES2211P)」


石けん剃りもできる、お風呂で使える全身のムダ毛処理に使えるのがパナソニック サラシエ(ES2211P)です。コードレスだから軽くて剃りやすいのが魅力という評価が多く、洗面台で常に充電しておけばいつでもお風呂でできるのが手軽で簡単と人気があります。



電池式のシェーバーは重いものが多く、長い時間使うと腕が疲れてしまいますが、サラシエならそんなことはありません。ソフトな剃りごこちで肌を傷めることもありませんから、子どものデリケートな肌にも心配なく使えます。


価格は7,000円ですが、ショップによっては値引きがありますからチェックしてみてください。価格.comで価格を見てみるとビックカメラでは3,990円となっています。