脱毛こらむ

中学生のムダ毛の悩みとムダ毛処理方法について


中学生ともなると他人や自分の容姿に強い関心を持ち始めます。あこがれのタレントや先輩のファッションなどを真似したり、友だちとの情報交換などがなにより大切と思う年頃でもあります。


自分の身体的特徴も良いにつけ悪いにつけ、友だちと違い過ぎると悩んだりします。例えば少し太ったとして、親は身長とのバランスがとれているのだからオーケーだと言っても友だちから「太った?」と言われただけで、ダイエットしなければ、と思ってしまうことがあります。



ムダ毛は中学生の身体的悩みの上位に入ると言われています。12、3歳になると体毛が生えてきます。女性らしい体型になりつつ、ワキやデリケートゾーンに体毛が生え始めます。


毛深い子は小さい時から、腕や脚などにムダ毛がたくさん生えている子もいます。小さかったので気にしないで成長した子、気にしていたけど大きくなれば毛が無くなると言われていたという子などは、自分の毛深さに真剣に悩み始める年頃でもあるのです。


生理が始まれば、女性ホルモンの分泌が活発になり、毛深さが解消するケースもありますが、親が毛深いと、子どももやはり毛深いまま成長する可能性が強く、悩みのタネとなってしまうのです。


ムダ毛が多いことが原因でいじめに合ったり、自分勝手に自分の価値を低くしてしまうということもあるのがこの年代なのです。


ムダ毛を自己処理している中学生が多い


ムダ毛のコンプレックスは多感な思春期に悪い影響を及ぼし、人格や性格形成にまで影響してしまうこともあるようです。悩みを親になかなか相談しないのもこの年頃の特徴です。



こっそり、自分でムダ毛を処理し始めるのもこの頃からです。始めは手に入りやすいカミソリで、という人が多いようです。お風呂などで腕や脚、口まわりなどを剃っているようですが、カミソリは表面の皮膚も削っていることになるので、肌トラブルになってしまうこともあり、ケアをよほどしっかりしないと、この年頃の肌にはハードすぎるかもしれません。


毛抜きで一本一本抜いている人は案外少ないようですが、時間がかかるのと、毛が切れて埋没毛になり、肌が黒ずんでしまうことがよくあります。


案外多いのが、親が使っている脱毛器を使うというもの。親に使い方を聞いたうえで行うならいいのですが、自己流に使用するとヤケドしたり脱毛効果を弱めたりするので注意が必要です。


電気シェーバーを使う人も多いようですが、販売されている種類もたくさんあり、上手に選ばないと効果があまり得られなかったり、肌を傷つけてしまうものもあります。また、値段の安いものはやはりそれなりで、パワー不足なものが多いのです。


電気シェーバーは有名メーカーのものがおススメですが、高額なのがちょっと問題です。


中学生が使える家庭用脱毛機器


家庭用脱毛器は、いつでも手軽に脱毛できるというメリットがあります。最近出ている脱毛器はサロンにも劣らないような優れものが多く、主にフラッシュ脱毛器が人気になっています。


以前は脱毛サロンやクリニックでは、小中学生の脱毛は断られることのほうが多かったのですが、今は数は少ないのですが、幼児でも脱毛可能というサロンがあります。


家庭用脱毛器はプロの使うものより、光の出力などが弱いので、小中学生が使っても大丈夫と言われています。成長期にある中学生のムダ毛にもきちんと対応できる脱毛器もありますので、正しい使い方で使用しましょう。


ただ、この時期の子どもはホルモンバランスが安定していない子もあります。そんな時期に脱毛処理をしても高い効果は期待できないというデメリットがあります。毛周期が一定していないため、脱毛したのに1週間もしないうちに毛がいっぱい生えてきた、というようなケースもあるのです。


また、フラッシュ脱毛は黒いものに反応するので、日焼けして肌が黒い場合やホクロなどにも反応してしまいますから、出力の調整や肌状態のチェックには慎重にならざるを得ません。



というようなことから、家庭用脱毛器のメーカーなどでは、家庭用脱毛器の子どもへの使用を推奨していません。


カミソリで剃る


ムダ毛処理の方法で、ほとんどの人が一度は行ったことがあるのが「カミソリ」での除毛です。原始的な方法ですが、近代化がどんどん進む今でもこの方法でムダ毛処理をしている人はとても多いです。


しかしカミソリという道具は進化していて、ドラッグストアなどにはとても多くの種類のカミソリが陳列されています。女性用のカミソリだけでも多くの種類があって値段もピンからキリまであります。3本セットで数百円というものから、1本でも数百円というものまであります。値段が安いものはだいたい使い捨てタイプが多いようです。



使い捨てタイプは初心者向け、まだカミソリでの処理はしたことがなく、試してみたいという人に向いています。メーカーによって持ち手や刃の大きさなどが微妙に異なっていますから、色々メーカーのものを使ってみるといいかもしれません。


替刃式のカミソリは刃が古くなったら刃だけを交換するタイプ。刃だけでも売っているので、気に入れば長く使えます。値段は高くなりますが、その分機能的に優れているものが多いのが特徴です。替刃式のものはすでに石鹸がつけられていて、ボディソープやシェービング剤なしでも剃れるものが販売されています。


カミソリでムダ毛を処理するときにはボディーソプ、乳液、シェービング剤などを塗るのは常識です。何もなしで剃ると肌にダメージを与えます。また、処理後のケアは
とても大切で、しっかりと保湿をするようにしましょう。